DKBODY全国縦断ツアー後半戦

スライドショーには JavaScript が必要です。

4月5日の北海道、札幌 吉田学園 日本体育大学でのワークショップは学生さんから教員の方、そして理学療法士さんやリハビリセラピストさん、ダンサーさんなど数多くの様々な分野の方が集まってくださいました。吉田学園はトレーニングジムも併設しており地域密着型で会員さんにも今回はピラティスを受けて頂く機会もあり、DKメソッドが幅広いレベルで応用できるという事を改めて認識しました。

ホテルに帰り、札幌から次の日のフライトに備えてホテルを千歳に変更し他私達は一路、タクシーの運転手さんに進められた「海鮮市場」というお食事所へ向かいました。
思い起こすと3人でちゃんと食事の席についたのはここが最初で最後だったような気がします(笑)

4月6日朝7:45分のフライトで仙台空港へ。一路レンタカーで気仙沼に入りました。気仙沼の詳細ブログはこちらからどうぞ

6日の夜に一ノ関から最後の新幹線に乗り込み東京品川へ。一週間ぶりに東京へ帰ってきました東京を出たときには五部咲きだった桜も満開となり私達を迎えてくれました。

4月7日はいよいよ最終日、東京二箇所でのワークショップです。東京でのワークショップ参加者はほとんどがネバダの資格の生徒さん達でドリー先生もまた皆さんと会えて大変嬉しそうでした。皆さんもドリー先生と会えてまた新しい学びがあって大変熱いワークショップに仕上がる事が出来ました。

最後の夜は心理学コーチングで有名な松山真己さんとの会食でした。とても素敵で美しい真己さんですが親しみやすくドリーとの息もぴったり、言葉は違えど共通点がとても多い二人のような感じがしました。今後また何か一緒にコラボが出来たらと願っております。

ドリー先生の身近で二週間過ごしましたが、真の指導者としての素晴らしさそして全てに対しての愛情の深さに改めて尊敬を抱き沢山のことを学ばせて頂きました。

今回の全国ワークショップは多くの皆様に支えられて成し遂げられました、素晴らしいご縁と素晴らしい学びをありがとうございました。スタッフ一同感謝しております。
今後共DKBODYネバダ州立大学公認ピラティスをどうぞよろしくお願いいたします。

気仙沼の輝くバレリーナ達

 

スライドショーには JavaScript が必要です。


4月6日の朝、私達は仙台空港に降り立ちました。上空から見える仙台空港周辺は何もなく去年の津波によって木がなぎ倒されているのが目に映りました。

気仙沼までは交通機関が発達していないという事でレンタカーに乗り込み、代表花岡の運転で一路気仙沼へ。。途中の南三陸、石巻を通って目に飛び込んでくる情景に胸が潰れそうな思いを抱え気仙沼へと車を走らせる私達。。。

今回の気仙沼ワークショップはピラティスではなく再結成された気仙沼バレエ団のバレエ指導に去年の3月11日に東京にいて震災を経験したドリー先生のたっての願いから実現したもの。再結成されたとはいえ震災によってスタジオを失った彼女達の理想的な練習状況はままならず、危険なところも通って大人達が協力し合いながら生徒さん達を連れて来てくれるなかでのレッスンとなりました。

まずは3歳から6歳までのクラス、正直ドリー先生が一番念入りに準備をしていたクラスです。小さなバレリーナ達がドリー先生の周りを囲み一生懸命に体を動かしてついていく様子はとても可愛らしく、微笑ましいものでした。

次のクラスは6歳から12歳、そして12歳以上と3つのクラス編成で行われたレッスン、子供達の身体、表情からバレエが出来る、踊れるという喜びが凄く伝わってくるものでした。

地元のテレビ局や地元の新聞紙も取材に来てくださり、何といってもドリー先生の素晴らしい指導で子供達も真剣です。本当に心から愛情を持って指導してくれているのが子供達にも伝わったようでした。

踊るという事を改めて子供達に楽しい事だと伝え子供達もそれに答え表情がいきいきとして、スタジオの中がとても愛で溢れているのを感じました。

今回だけではなく今後もこうしてこの輝くバレリーナ達とまた会う事が出来たら良いなと願っています。

日本全国縦断ワークショップ前半戦終了!

スライドショーには JavaScript が必要です。

4月1日より始まったDKBODYネバダ州立大学公認ピラティスの日本全国縦断ワークショップも後半戦にかかっています。
31日に資格講座を終了し、品川で行われた留学機関IGEさんのオリエンテーションに参加。

そしていよいよ4月1日よりドリーケラペス、日本代表花岡正敬、エチゴイン香絵の三人でのツアーが始まりました。

4月1日の早朝に東京、品川を出発し新幹線にて岡山へ。 朝日リハビリテーション専門学校にて代表花岡とドリーケラペスによる初のコラボワークショップを大成功の元に終了後、電車に飛び乗り吉備国際大学理学療法学科、ピラティス研究室での建設的なミーティングを終え再び岡山駅へ。また新幹線に飛び乗り1日の夜は福岡泊でした。 福岡代表の田村幸助の案内で深夜の長浜ラーメンを頂きました。

4月2日は福岡医健専門学校での午前の学生さん向けワークショップそして午後の指導者NSCAワークショップの二本、どちらもドリーケラペスの的確な指導と参加者の皆様の頑張りで素晴らしいワークショップに仕上がりました。夜の懇親会でも九州の美味しい食事を頂き(ドリー先生、馬刺し以外は全て食べました!)また新幹線に飛び乗って京都を目指し、途中の新大阪での停泊となりました。

4月3日の朝に大阪を出発して京都に移動し、京都医健専門学校でのワークショップです。午前中の入門ピラティス、体験レッスン、そして午後の指導者向けワークショップ「姿勢評価とピラティス」、3本とも楽しくかつどれも学びが沢山詰まったワークショップでした。夜は京都代表武田綾香の案内で京都料理のビュッフェでのお食事、この夜は京都泊と初めて移動がない夜を過ごす事に(笑)

4月4日の早朝より京都代表の案内、そして彼女のクライアントさんであるキャブの運転手さんのご案内で皆で朝の2時間京都観光へ清水寺と八坂神社、祇園をご案内して頂きました。お昼にはまた新幹線で名古屋へ、名古屋能楽堂にて名古屋ワークショップの開催。名古屋にいる三人のDKスタッフの尽力の元、とても楽しいワークショップを行うことが出来ました。

夕方に名古屋セントレア空港へ移動、暴風が来ていたため心配だった飛行機も無事飛んでいるということで北海道の千歳空港へひとっとび!
ついには九州から北海道まで来てしまいました。電車で札幌まで移動し、現在このブログを更新しております。

このように書き連なるだけでも本当に内容が濃い毎日を送らせて頂いています。行く先々での素晴らしい出会いも大変多く、移動が大変ながらも楽しくそして何よりもドリーの指導を受けに沢山の方が集まってくださっている事にドリーケラペスはじめDKBODYスタッフ一同喜びを感じております。そしてこの素敵な出会いの輪がもっともっと広がって行けたらと願っております。

明日は吉田学園 専門学校北海道体育大学にてのワークショップ。。。。。どんな素敵な出会いが待っているのでしょうか??